カテゴリ:思うこと( 1 )

盲導犬オスカー君

亭主の帰宅をひたすら待つ・・・
忠犬りきじい
d0255036_03112.jpg


今日木曜日の朝、
盲導犬が何者かに刺されて怪我を負ったというニュースをチラ見して

なんてひどいやつがいるんだ!!

と、ムカムカしながら出勤したんだけど

お昼休みにネットで詳細を読んで愕然としてしまいました。

盲導犬は、”飼い主の身に危険が迫らない限り”、むやみに吠えないように教育されいるので、

刺されたオスカーくんは吠えることも、悲鳴をあげることも、抵抗することもせず、

じっと痛みに耐えて、

血を流しながら、飼い主さんを目的地まで誘導したそうだ。


痛かっただろう

恐かっただろう

何が起こっているのか、理解できなかっただろう・・・

そう思うと喉のあたりに大きな塊がつっかえて、

あかん、あかん、泣いたらあかん・・・と思うと、息がうまくできなくなって
金魚のように口をパクパクさせてしまった。

幸い大事には至らなくて、オスカー君はすでに”職場復帰”しているらしいけど、

飼い主さんの横でお利口に伏せをしているオスカー君にリキの姿が重なったりして、

怒りと、情けなさと、やるせなさでいっぱいになる。

盲導犬にも、自分にむやみにさわってくる人間には威嚇するように・・・なんて
そんな教育をしなきゃならない時代なのかも。

だとしたら、何という情けないこと!

盲導犬は、赤ちゃんの頃から人間を100%信用するように育てられるそうだ。
その盲導犬に、でも、みんなは信じちゃいけないよ・・・そんな矛盾を教え込むなんて・・・
(そもそも、それが可能なのかどうかもわかりませんが)


たまらなくなって、向かいに座っている同僚にこの話をしてみました。

犬も猫も、ペットは飼っていない人なのでどうかなあ・・・と思ったりしたのだけど、

みるみるうちに、彼女の大きな目が涙でいっぱいになって

真っ赤な鼻をして、猛烈に怒っていた。

そうだよね、犬を飼っていようがいまいが
犬が好きだろうが、苦手だろうが、

無抵抗の弱いものを傷つけるという、卑劣極まりない行為は、
心ある人ならだれでも、憤懣やる方ない気持ちになるんだ。


犯人は早く捕まってほしいけど、

法的に適用される罪状は、”器物損壊罪”なんだって。


器物損壊・・・
d0255036_0552762.jpg


いのち、なんだけどな・・・



いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2014-08-29 00:57 | 思うこと | Comments(16)