<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

真冬の怪談

さて・・・

イナビルのおかげで快適に過ごした”インフル休暇(?)”もいよいよ最終日の夜・・・

溜まりまくった仕事の山を考えると「インフルカンバ~ック!」と湧き出る邪念を押さえつつ
眠りについた私であったが、

深夜も深夜、息苦しさにふと目が覚めた。

胸のあたりが押さえつけられているようで、呼吸がうまくできない・・・苦しい・・・

「ええっ?本当にインフル再燃??」

半分寝ぼけながら必死に目をあけた私は、見てしまった。

胸の上に、大きな黒い塊が乗っているのを・・・!

なんだか、ぐにゃりとした、得体のしれない物体・・・


あ・・・あ・・・・あ・・・


アッチュ~!!
d0255036_21551632.jpg


喜びに震えながらも(←猫バカすぎ?)6キロの塊が、
しかも爆睡して全体重を胸の部分にかけてくるのにはさすがに耐えきれず、
泣く泣く王子には、降りていただいたのでありました。

って、ここまではネタばれすぎるでしょ。

なので、この一件でふと思い出した、人生で一番ぞっとした体験を
季節外れですが披露してみたいと思います(笑)

うら若き女子高生のころ、私はしょっちゅう金縛りにあっていました。

でも、霊感とかはまるでなくって、

そのころ、なぜ金縛りが起きるか、を科学的に解明した文章を何かで読んでいた私。

詳細はうろ覚えだが、つまりは金縛りは寝ている間の筋肉の硬直。
色々と恐いものが見えたり聞こえたりするのは、身体はその硬直によって目覚めるも、
意識が寝たままというアンバランスから起こる、つまり夢の延長だと。

全面的にその記事を信じていた私は、金縛りが起こってもあんまり恐いと思ったことはなくて、
むしろ幻覚や幻聴を興味津々に観察しちゃったりしていた。かわいくない娘だった。

金縛りになると、必ず横に誰かが寝ていて、寝息が聞こえてきました。
これって、思春期の願望だったのか・・・?(笑)

そして、同時に良く起こった現象が、

白い女性の手が、身体を触る・・・というもの。いや、今自分で書いてると、おっそろし~(@_@;)

その手は、手首と手のひらしか見えないんだけど、
なんでか女性の手ってわかるところは、やっぱり夢だからなんだろう。

マネキンの手のように真っ白で固い手が身体を触る。

それはマッサージのように気持ち良いものでも、ちょっとうふふんなエッチなものでもなくって、

ひたすらガッ、ガッと触ってくる。痛くはないけど、うっとうしい感じ。やめて~!!って感じ。

そんな現象がよく起こっていたのだけど、それでも私は「筋肉の硬直!」と頭から信じて疑っていなかった。
(そういうことに、しといてくださいよ~!!)

さて、高校を卒業して、私は京都の大学に進学、
私が使っていたベッドを、妹が使うようになりました。

そして、お盆だか正月に帰省した時に妹が言うんです。

「おねえちゃん、私この頃よう金縛りにあうんよ」

妹は私よりずっと恐がりだったので、ここは姉として威厳をもって、
「金縛りって言うのはね・・・・」と持論を披露する。

そして、「なんか恐いもの見える?」と聞いてみて、
妹の言葉に、初めてゾッとしました。



「白い固い手が、触ってくるんよ・・・」


おばちゃんになった今でも、私も妹も、帰省した時に絶対に元自分たちの部屋には寝ません!(笑)



こわい!と思ったら、ポチットな^m^
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2015-01-19 22:18 | ごまめな日々 | Comments(17)

ねこ的あるあることわざ

ねこ的あるあることわざ

【ねこに教育】
猫を(ひかりまるを)いくら叱っても言うことをきかない
d0255036_2142771.jpg

躍起になっても無駄であることの例え
類似語:馬の耳に念仏

相変わらずテレビ前を占領するひかりまる

叱っても叱っても聞かないので、仕方なくねずみのおもちゃをキッチンに投げると
嬉々として運んできてくれるのだけど、

これを始めるとエンドレスで、結局画面に集中できない。

先日も、借りてきた「アイアンマン3」(←実はアメコミ映画大好き!)の佳境で
しつこくここに乗ってくるので、

ついにものすごーくきつく叱ってしまいました。お尻ペンペン!!

そうそう、そこで一緒に見ようね(←体罰を、ちょっと反省・・・)
d0255036_21495430.jpg


シャーッ!!(←前言撤回(-_-;)
d0255036_21531534.jpg



さてさて、世の中の流行には、とんと疎い私なのに、

仕事初め早々に、大流行中のインフルエンザ(A型)にかかってしまいました(@_@;)

この10年で3度目の罹患。
これが多いのかどうか微妙ですが、A、B、どちらも制覇してしまったよ。

前の2回は確かどちらもタミフルを処方されたのですが、
2日間くらいは高熱と身体の痛みで死ぬかと思うくらい辛かった。

今回はイナビルという吸引薬を処方されました。

ご存知の方も多いと思うけど、2本のボトルに入った薬を一度に吸引するだけ。
1本につき2回、計4回の吸引を一度に行うのです。
私は処方薬局で、薬剤師さんの指示の元に済ませてしまいました。

こんだけでいいの~??ちょっと頼りない気がしたんだけど、

これが、タイミングもあったのだろうけど、ものすごく良く効いて!!

結局その日の夜、8度ちょっとまで熱が上がり、処方されていた解熱剤を飲んだだけで、
翌日にはすでに平熱。
そのまま、会社から出勤してはならない!と通達された丸5日間を
平熱で快適に(アイアンマン見ながら)過ごしてしまいました^m^

知らないうちに、医学は目覚ましい進歩を遂げていたのだなあ!!!

そんなわけで、とっても軽くてすんだ今回のインフルエンザですが、

我ながら呆れるのは、過去2度とも苦しい思いをして、

来年は絶対に予防接種受けるぞ!!と、うなされながら心に誓ったのに、

いまだに受けた事がない・・・という事実。


うりゃー!!ぴっかり~!!
d0255036_2293060.jpg


【喉元過ぎれば熱さを忘れる】

ぴっかりを叱れない飼い主なのでありました。


みなさまもお気をつけて~
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2015-01-13 22:23 | ひかりまる | Comments(24)

雪正月

えっと・・・

遅ればせながらですが・・・(もう仕事はじめだよ(>_<))

みにゃさま
d0255036_2234640.jpg


初春のお慶びを申し上げます。
d0255036_2236121.jpg


今年もゆるゆるのごまめ家族日記を (マエストロの足が見苦しくてすみません(>_<))
d0255036_22364263.jpg


どうぞよろしくお願い致します(^O^)


大阪に住んで14年、初めてこの地で年越しをしました。

これは2日の早朝
d0255036_22394317.jpg


元旦の夕方から降り始めた雪は、夜を超えて凍りつき、
リキの散歩、足元が滑ってこわいこわい!!

トレッキングシューズを履いて、意識して足を大きく上げて
ひと足、ひと足、しっかり歩くのだが

おじいちゃんが大喜びで、
d0255036_22411711.jpg


ひっぱるひっぱる(@_@;)コワイッ
d0255036_22435989.jpg


冷たくないのかねえ・・・
d0255036_22442534.jpg


わざわざ雪をかぶりに行くし
d0255036_22452711.jpg


じいさんの足跡
d0255036_22455258.jpg


元旦降り始めの雪についたリキの足跡は、もっともっとくっきり可愛らしかったのに
そんな時にカメラを持っていない・・・ブロガー失格ね(>_<)

おお!水たまりが凍ってる。こんなの見るの、とっても懐かしい感じ
d0255036_22474622.jpg




今年の私の年次モットーは

  『埃じゃ死なない』

じゃなくって・・・(っていうか、これは万年年次モットー もはや座右の銘(笑))

  『人事を尽くして天命を待つ』 ←まじめかっ?!

哲学者である父のモットーは、

「自分じゃどうにもできんことを、あれこれ悩むのはあほじゃ」

だそうです(笑)

いろいろ、自分じゃどうしようもないことに心折れること、ありますよね~。

とても哲学者の言葉とは思えませんが、

やるべきことをやって、あとは天の声を待てばいい・・・って言いたいんだろうと
意外に気まじめな娘は解釈しています^m^

みなさまにとって、今年1年が穏やかな良い年でありますように!
d0255036_225236100.jpg




にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2015-01-05 23:06 | ごまめな日々 | Comments(20)