<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ごまめ的”太腕”奮闘記・・・再会

さてさて・・・

亭主のリハビリ病院がリゾートホテル並みにきれい・・・と、前回の記事で紹介いたしましたが、
この病院を選んだのはそれが理由ってわけではありませぬ~^_^;

いや、否定はしませんけどね・・・^m^

これまで全く知らなかったんですけど、私の家から毎日無理なく車で通える範囲内に
リハビリ専門病院や急性期病院付属のリハビリテーション科など、
実に5~6軒ものリハビリ施設がある、ここってリハビリ密集地区だったんですね~。

急性期病院の地域連携担当の方に大阪府下にあるリハビリ病院の長~いリストをもらって
「できるだけたくさん見に行かれた方がいいですよ」と言われたのですが、

実は、2軒めにしてこの病院に申し込みを決めてしまいました(汗)

理由はいくつかあって

まず、家から一番近いこと。
車で5分程度の距離は、本当にありがたいと、しみじみ感じています。
その上面会時間が22時まで、と格段に長いのも大きな魅力です。

それから、脳外科医が常勤してること。この先生が亭主の主治医として、日々見守ってくださっています。

1年365日、1日も休まずリハビリが行われること。
(急性期病院付属のリハビリ科には、日祝休みというところも多いようです。)

また、回復率や帰宅率などをきっちりと数値化してHPに掲載されているのにも惹かれました。
素人には見慣れぬ数値だし、比較対象がないので良いのかどうかよくわからないけど
自信がなければ載せないだろうと・・・

他にもリハビリ療法士や看護師が明るくてとても感じが良いこと、
脳卒中患者には個室差額がないこと、などなど、魅かれる理由はたくさんあったわけですが、

何よりも決め手になったのがね・・・

なんとこの病院、ペット連れて行けるんですよ~~~!!病室まで!!

見学後、私の説明を「ようわからんわ~」って感じで聞いていたマエストロ、

リキを連れていけるんやで

この一言に食いつく、食いつく。

「もう他、見んでいいから。そこにして!!!」って勢い・・・(笑)

入院してみてわかったんですけど、病院でもセラピー犬としてコーギーが2匹飼われているんです。


初めてリキを連れて行ったのは転院間もないころ。

およそ1カ月半ぶりの対面はどんなにか感動的だろうとワクワクしながら連れて行ったんだけど・・・

リキじいさんは怪獣犬のくせに、臆病で気が小さいのだ。

初めての場所、病院の匂い、そして亭主は声を出せない。

パニックも手伝ってか、リキはなんと、”最愛のご主人さま”をわからなかったらしい・・・

戸口にはりついてひたすら帰りたい光線を出すリキの姿に、

亭主はがっくりと肩を落とすし、たまたま病室にいた看護師さんも言葉に詰まってしまって
なんとも気まずい雰囲気が・・・

でも、じいさん、老いぼれていてもさすがに犬ですね。

亭主の足の匂いを嗅いだ途端、はっと覚醒、”最愛のご主人さま”を思い出したのであります!

おそろしや、亭主の足の匂いは、病院の匂いをも凌いだのであった・・・(@_@;)

そのあとは、もう、こんな感じ・・・

ベロンベロンに・・・
d0255036_2346238.jpg


ゴロンゴロン
d0255036_23452396.jpg


家族写真は・・・
d0255036_2347619.jpg


リキの笑顔にご注目ください
d0255036_23473577.jpg


ちなみに、猫は連れて来ちゃいけない・・・という規則はないのですが、

うちの3ニャンはみんな大パニックになるだろうし、
病室から飛び出したりしたら大変な騒ぎになるので、

おうちでマエストロの帰りを待つ毎日です^m^


ダラダラ長文にお付き合いくださりありがとうございます。

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2015-03-25 23:57 | 家族の病気 | Comments(24)

ごまめ的”太腕”奮闘記・・・リハビリ三昧

亭主がリハビリ病院に移ってから、3カ月になろうとしています。

お友達や同僚、たくさんの方々が見舞って下さっていますが、
みなさん一様に驚かれるのがこの病院の美しさ!

入院中のリハビリ病院は、病院にいることを忘れて生活できることを念頭に作られていて
そのコンセプトは、”リハビリ・リゾート”なんだそうです^m^

ロビーなんか、確かにホテルのよう
d0255036_21485245.jpg


病室はほとんどが個室で、広い!明るい!美しい!テレビはアクオス!!(←そこか?!)
d0255036_21511020.jpg

しかも、脳卒中患者には個室差額が発生しませんの!長期入院のマエストロにとって
個室で生活できるのは本当にありがたいことです。

この長い長い階段、亭主もリハビリの一環で毎日上り下りしています。
d0255036_21533576.jpg


昼間は患者さんがリハビリに励んでらっしゃるので夜の撮影ですが、
いつもさんさんと光が差し込む明るい廊下やロビー、階段、館内全体を使って
リハビリできるように設計されています。

もうね~、全然掃除できてない、アニマルランドの我が家より、ずっと居心地いいんだから(笑)

ただし、リハビリに関してはとってもシビアで、リゾートとはかけ離れたもの。
土日はもちろん、盆も正月も休みなし。患者さんは最長5カ月の入院生活の間、
高熱でも出さない限り、毎日3時間のリハビリがきっちりと課せられています。
(3時間は、回復気リハビリテーション病院で実施できる上限です)

そんな厳しくもありがたい環境で、マエストロは毎日
理学療法(歩く、投げるなど、手足や心肺機能の回復を目指すリハビリ)、作業療法(細かい手足の作業) 
そして嚥下訓練(飲みこみのための訓練)の3種類のリハビリに励んでいます。

転院当初、私たちにとって最優先事項は、ともかく嚥下ができるようになるということ。
ちゃんと食べられるようになれば、身体機能の回復も進むと思っていました。

でも、初日に理学療法士の先生に言われたひとこと。
「心肺機能を高めて、身体の回復を計ることが、必ず嚥下機能の回復を助けます」

「がんばりましょう!」と若い、熱意あふれる理学療法士さんに言われて目から鱗が落ちました。

人間の身体って、パーツじゃないんだなあ!!と、こんな場合なのにちょっと感動したりして。

その言葉に支えられて、あれよあれよという間に亭主は車椅子を卒業し、
今では腹筋、スクワットまでこなす毎日。しかも50回を3セット・・・みたいな!
私も週末、横で一緒にやってみたりするけど、1セットで音をあげてしまいます(@_@;)

発病当初、急性期病院にいる1カ月は亭主にとって人生最悪の辛い辛い日々だったと思う。
毎日寝たきりで、天井に無数に並ぶ小さな穴の数を数えて過ごしてたって。

そんな亭主にははるかに及ばないけど、正直私も、このころは結構辛かったわ~^_^;

よく、「神さまはその人が乗り越えられる試練しか与えない」って言うでしょ。
実際、色んな方からその言葉をかけていただいたんだけど、

いやいやいや、神さま、それは買いかぶりすぎですって!
ワタクシ、ソンナニ、強クアリマセン・・・と、内心思っていました(-_-;)

でも、ここに移ってからのマエストロを見ていると、

やっぱり大丈夫。ふたりで乗り越えられる試練なんだな・・・と思えるようになりました。

・・・とはいえ神さま、これ以上は勘弁してね!

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2015-03-15 22:48 | 家族の病気 | Comments(34)

王子9歳になりました♪

3月10日
我が家のツンデレ王子が9歳になりました(@^^)/~~~Happy Birthday!!
d0255036_22434660.jpg


王子、アッチュ、殿・・・

いろいろ呼び名をつけちゃいましたが(笑)

ほんとの名前はアスラン
d0255036_22462549.jpg


私の恋人であり、

親友であり、同志でもあり・・・

そして永遠の片思いの相手^m^
d0255036_22483340.jpg


相変わらずの不機嫌顔ですが・・・(-_-;)
d0255036_22493269.jpg


この冬、アスランの膝乗り率は例年に比べて格段にアップしました。

年を取って丸くなったのか
もしかしたら”おかん”が毎晩あたふたと”どこかへ”出かけていくので寂しいか・・・
d0255036_22534913.jpg


それとも、マエストロ不在の今、

”とりあえず、こいつを押さえとかな” とか思っているのかもしれません^_^;
d0255036_2257521.jpg


だとしたら、作戦大成功です^m^


とっくの昔にホールド負けですけどね!

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2015-03-10 23:02 | アスラン | Comments(24)

ごまめ的”太腕”奮闘記・・・筆談マエストロ

※今日、一段と長いです(汗)テキトーにすっ飛ばして読んでくださいね^_^;

学生時代ずっと、亭主は名前の一部をとって、”ごっくん”というあだ名で呼ばれていました。
今でも、高校時代のお友達とはとても仲が良くて、入れ替わり立ち替わりお見舞いに来てくだるのですが、
みなさんから「ごっくん、ごっくん」と呼ばれているのを見ると、ちょっと不思議な、私の知らない少年が
そこにいるような気持ちになったりします(笑)

その”ごっくん”が、脳出血の後遺症で”ごっくん”できなくなって3カ月以上が過ぎました。

私たち健常な人間は(きっと、猫も、犬も・・・)物を飲み込む時に食道のフタ(筋肉)が瞬時に開いて、
同時に気道のフタが閉まって誤飲を防ぎます。
そんなことを無意識でやっているのよね、すごいですね、身体のメカニズムって!

亭主は今、食道が開かず、気道のフタが開きっぱなし。なので、唾や痰が気道に流れ込んでしまい
何度か肺炎を繰り返し、高熱(時に40度以上にもなります)が出てしまうこともあります。

それを最小限に防ぐために、喉仏の下あたりで気道を切開し、そこにカニューレという器具を装着、
気道の中でバルーンを膨らませて堰を作り、唾が流れ込まないようにしています。

つまり、亭主は口や鼻ではなく、その切開した部分から呼吸をしているというわけで、
そうすると声帯に空気が触れることがないため、声が出せない状態になっています。
(ただし、カニューレにフタをすることで、毎日一定の時間はおしゃべりしています!)

口から生まれてきたような、または、生まれついての営業マンのような”おしゃべりマエストロ”にとって
声が出ないというのは、食べられない、飲めないのと同じくらい辛いことだと思います。

発症から数日間は紙とペンで筆談していましたが、どうにも不便だしエコでもないので(笑)
早々にこんなものを用意しました。

コミュニケーションボード。ネットで1500円くらい・・・^m^
d0255036_23252752.jpg


子どもの時に遊びませんでした?
専用ペンの裏に磁石がついていて、それでボードの裏をこすると、書いた文字が消える仕組みです。

でも、これ、子ども用おもちゃじゃなくて、ちゃんとした介護用品なんですよ(笑)


さて、亭主からごっくんも声も一時的に奪ってしまった脳出血が亭主から奪えなかったもの・・・
それは、「オオサカ人の魂」だっ!!

亭主ね、筆談のくせに、声出ないくせに、
「病院で一番おもろい患者」として、ちょっと評判になっちゃってるんです(@_@;)

「マエストロさんはおもしろいって評判で、
リハビリのスタッフがみんな一度は担当してみたいって言ってますよ~」

そんなことを言ってもらって(多分にリップサービスとは思うのだが)
「そんなん言われたらプレッシャーやわ」とか言いながら、ご満悦のマエストロ。

でも本当にみなさん似たようなことを言って下さり、
私はそのたびに、「筆談なのに??!!」とびっくりしてしまうのです(笑)

ま、圧倒的にお年寄りが多いですからね。ライバル(?)は当然少ないでしょうよ。

ところがある日、担当の若くて可愛い女の先生がひとこと。

「本当にこの病院にはおもしろい患者さんが多いんですよ~」

おもしろい患者さんが多い・・・その言葉にマエストロの瞳がキラーンと光った!

その不敵な光を私は見逃さなかったけど、無邪気な先生は先を続けます。

「例えばぁ、わざと名前を間違えてスタッフを呼んでみたり~」

ここでマエストロがすかさず一言、いえ、ひと書き・・・
d0255036_23375158.jpg

↑ヤラセ再現映像です(笑)

「ベタやん」って・・・

おーい、そんなとこでライバル意識発揮せんでええから~!!!

笑いの絶えない亭主のリハビリ風景。
少しでも楽しく、笑いながら頑張れば、いつか”ごっくん”が”ごっくん”出来る時がくる!

そう思って、私も一緒に笑う毎日です。

d0255036_2341820.jpg

↑亭主からみなさまへ・・・(ヤラセじゃないよ~^m^)



にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2015-03-04 23:52 | 家族の病気 | Comments(16)

ごまめ的”太腕”奮闘記・・・守護天使たち

みなさま、前記事では温かい励ましのメッセージをたくさんいただき、本当にありがとうございました。
何度も読み返しては元気と勇気を頂いています。
マエストロもとても喜んでいて、「もっと早くお返事を書きなさい」と叱責を受けています(汗)
そして、「俺からも皆様にありがとうございます、とお礼を書いて」とのこと。
亭主に代わって、感謝の意をお伝えいたします ありがとうございます!


2014年11月14日

亭主の人生からもごまめ家のダイアリーからも永遠に削除してしまいたいこの日、
亭主は脳出血で突然倒れました。

その日は金曜日だったのですが、亭主は珍しく休みを取ってひとりで家でくつろいでいました。
同僚から「ワーカホリック」と揶揄されるほど仕事を休むことのなかった亭主が
ふと「代休がたまってるから」と休みを取った、
後から思うと、無意識のうちに何か不調を感じていたのかもしれません。

突然、後頭部が2回バチッと音をたてて、瞬間崩れ落ち、その時にはもう左半身が動かなかったそうです。

でも、そこからが亭主の生死の分かれ目でした。
たまたま目の前のテーブルにスマホを置いていた。
直感で「脳だ」とわかった亭主は、自由のきかない手でなんとかスマホを操作し
自分で救急車を呼びました。
言葉もヨレヨレでなかなか相手に伝わらず、イライラしたそうです。

「玄関のカギを開けておいてください」と言われたって。
身体、動かないのに、どうすりゃいいんや・・・

朦朧とする意識の中で、「ああ、こんなにあっけなく死ぬんやな」と思い、
涙が止まらなかったそうです。

やがて到着した救急隊員は家を一周して、鍵の開いていた台所の窓から入ってきてくれそうです。

それを聞いて、ギョッとしました。その窓は床から立ち上がっている我が家で最も大きな、
最も侵入しやすい、そして最も猫逃走の恐れがある窓なので、ほとんど開けることがないのです!
そう言えば夏の暑い日、短時間だけ開けたよな~。でも案の定ニャンズが網戸に突進したから
すぐに閉めたんだよな~。

私、何カ月もその窓、カギを開けっぱなしにしていたんだ~(@_@;)

で、でも、そのボケボケ加減が今回に限っては災い転じて・・・だったのよね?(言い訳・・・)

まあ、そんなこんなで運ばれた急性期病院は、
日本中から患者が集まる関西でも屈指の病院で、
しかも私の通勤路にあり、自宅からもほど近いところでした。
それこそ救急車でなら、ものの数分で到着したと思う。

脳出血は発症からの対応時間が生死を分ける大きな要因のひとつではないでしょうか。

亭主が自分で救急車を呼べたこと、
私が台所の窓の鍵をあけっぱだったこと、
我が家の地域の救急指定病院が、我が家から近かったこと。
すべてが、亭主の命をつないだと思っています。
亭主が自宅にいたことも今となってはよかったと思います。
会社で倒れていたら同僚のみなさんがきっと助けてくれて亭主は心強かったでしょう。
でも、亭主の会社は大阪市の南の方にあり、私が通うのは本当に大変だったと思う。
いや、この際私の都合なんてどうでもいいんですけどね~^_^;

そして、辛い辛い急性期病院の1カ月をなんとか頑張って、
今はもっともっと自宅から近いリハビリ病院で驚くほどの回復ぶりです。

誰からも言われます。
「『まだその時じゃない』ってことやってんな」って。

本当にそのとおり。でも、私はちょっと違うことも思っています。
こんなこと書いたら笑われちゃうかもだけど・・・

リキじいさんと、ひかりまるこは、亭主が命を救って我が家にやってきました。

みんな、亭主と出会わなければ、今はこの世にいなかったかもしれません。

だからね、

彼らが、全身全霊をかけて亭主を守ってくれたような気がする。
d0255036_22473548.jpg


なーんて、心弱い時には何でも美談に仕立て上げたくなっちゃいますね(笑)

でも、私は毎晩みんなを寝かしつけながら、「マエストロを守ってね」と、声に出してお願いしています。
d0255036_22531059.jpg


そしてアッチュは、あれからずっと私に添い寝してくれている^m^(寒いしね(笑))
d0255036_2252417.jpg


頼もしい守護天使たちです。




にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
by futari-to-nihiki | 2015-03-01 23:03 | 家族の病気 | Comments(22)