こねこがやってきた!

こねこ、3匹入りました~emoticon-0128-hi.gif

誕生日に始める!と決心したこのブログ、実はその1週間ほど前にURLをゲットし、来るべき日に備えていたのであった。ブログのタイトルも、「ふたり と にひき」に決め、ほのぼのと仲良し家族的な日々を綴るつもりでいた。

しかし!

いよいよ明日が誕生日、という5月最後の月曜日、夕方に亭主からメールが届く。「自動販売機の横にこねこ3匹捨てられてます」(って、どこの自販機よ(@_@;))

すぐに返信。「リキがいる限りうちでは無理です」

こねこが捨てられていて、うちでは何もできない・・・考えるだけで涙の塊がのどを締め付ける。私は結構涙もろいんだよ、涙の塊製造機だ。

・・・で、ま、結局拾ってきたんだな。

よかったら続き読んでね・・・・
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-06-10 19:31 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(4)

リキとアスラン

リキとアスラン

こうして、我が家の一員になったリキですが、これがなかなかの暴君、手に負えないやつなのだった。

リキは、猫が大っきらいだ。うちに来た初日から、アスランとの共存は諦めた。
アスランは猫界においては、かなりトロい、と思う。低い食卓に飛び乗るのさえ、たまに失敗する。
立派なおなかの肉が邪魔をしていると思われる。
d0255036_18105618.jpg
そんなアスランでも、猫は猫、でっかい犬に捕まるほど鈍くはない。でも、万一捕まりでもしたら・・・
っていうか、そんなチェイスを繰り返されたら、家中破壊されてしまうじゃないか!

というわけで、犬と猫が仲良くねんねする・・という憧れの構図は諦め、うちではガレージにつないで飼うことにした。

よかったら続き読んでね・・・
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-06-06 17:23 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(0)

リキのはなし

りきのはなし

リキは捨てられた犬だ。 d0255036_17184715.jpg

8歳の時、うちにやってきた。今年12歳になる、おじいちゃんだ。パワフルなおじいちゃん・・・

4年前の秋、亭主が珍しく暗い顔で切り出した。「会社の近くにおる、でっかくてぶっさいくな犬が、家族の引っ越しの時に置き去りにされてるみたいやねん・・・」

その、でっかくてぶっさいくな犬は、ガレージにつながれて飼われており、家族が出かけるたびに喜んでワンワンと鳴くのだが、みんなから「うるさいわ、ボケ!」と言われ、「それでもしっぽふって鳴き続けてんねん」という話は、犬好きの亭主から度々聞かされていた。「うるさいわ、ボケ!」は大阪の人にとっては愛情表現なんだろうし(←私の勝手な解釈)亭主もその話をうれしそうにいつもしていた。

それが、1週間ほど前に一家が引っ越していき、でっかくてぶっさいくな犬だけが残されているのだという。
こころやさしい亭主(自称)が、毎日食べ物をやり、勝手に散歩させてるのだという。

「ほんまに置き去りにされてるんやったら連れて帰りたいんやけど・・・」

「えええっ(@_@;)」

よかったら続き読んでね・・・
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-06-03 00:39 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(1)

ごまめ家族の紹介

ごまめな家族です。よろしく!

ごまめ家族は、夫婦ふたりと、猫1匹、犬1匹。
ああ、聞くからにごまめでしょう??!

よかったら続き読んでね・・・
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-05-30 19:27 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(0)

はじめまして ごまめ夫婦です

若者もすなる日記というものを、おばさんもしてみむとするなり

今日、よ、49歳になってしまった。
40代に突入した時、これからの10年は大切に大切に生きよう!とか、決心した。

それから9年間、どうも、なんか気を失っていたらしい。気が付いたら、大切なはずの10年が何もしないままラスト1年になってしまった。後悔と焦り・・・

ブログはずっとやってみたいと思いつつ、ネタが何もなくて踏み出せずにいたが、とりあえずこの空白の9年を埋めるのに一番手軽、かつ挫折しても誰にも迷惑かからないんで、おばさんもしてみむよ。

さて、うちは大阪府に居を構える、ごまめな家族です。
ごまめ ってお正月に作る、あのイリコを甘辛く味付けしたものじゃないよ。
ごまめ、たぶん大阪弁なんだろう。私は山口の田舎出身で、大阪で生まれ育った亭主と結婚するまで知らなかった言葉だ。彼の解説を借りると
「こどもの頃、遊ぶ時にだれかの弟とか妹とか、歳の離れた小さい子おったら、その子らはごまめやしな、って、例えば鬼ごっこするんでも捕まっても鬼にはならんでええとか、そういう扱いをごまめ扱いって言うんや」

ふーむ、何となくお正月のごまめも、そんな感じがあるなあ・・・

つまり、いてもいなくてもあんまり関係ない、役にもたたぬが毒にもならないってことなんだろうが
なんとなくこの例えが、年長者の優しさを感じるものだったので、私のお気に入りの言葉になってしまった。
本当はもっと蔑視感を含んだ言葉なのかしらん・・・?

ともかくうちの家族は、ほんっと、ごまめな家族なんです。

よかったら続き読んでね・・・
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-05-29 15:29 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(0)