えらいこっちゃ・・・猫は知っている・・かも?

昨日の日曜日、私はまるでストーカーのようにアスランに張り付き、おしっこ採取にいそしんだのでありました。ところが・・アスラン、おしっこはまあまあ出たのだが、土曜日病院からの帰宅以来、全く食べない、飲まない。カリカリが嫌だと贅沢を言っているのではなく、ごはんに寄りつかず、時々スイッチが入ったようにトイレ徘徊をする以外、ぐったりと寝ているのです。本当に、ぐったりと・・・

ああ、また駆け込み寺か??ごはんを食べないというのは、おしっこが出ないのと同じくらい私にはすごいストレスになってしまい、気が気ではないわけで・・・

というわけで、あれこれ考えて駆け込み先をちょっと変えてみた。

今のドクターに不満があるわけではない。ちょっと口下手だけど、一生懸命治療してくださって感謝感謝。でも、カテーテルと点滴で強制排尿を繰り返すも帰宅したとたん尿道がつまり、また翌日同じ処置・・・この繰り返しにアスランはもちろん私もクタクタになってしまったのだ。

それで月曜日の今日、またまた半休取って(そろそろ上司の視線が痛い・・)行ってみたのは、何度か複数の人から「あそこはいいよ~」と聞いて気になっていた病院。

そこで驚いたことに、診察台に乗るのを嫌がったアスランが、先生の触診が始まったとたんとてもリラックスした表情で、身を任せるように力を抜いたこと!病院でこんなアスランを見たのは初めてです!そして私の一生懸命すぎてあっちいったり、こっちいったりする経過説明も根気強く聞いてくれて、今考えられること、と治療法を、絵を描きながらとっても丁寧に説明してくださった。食欲がないのも、治療によるストレスが考えられるし、1日くらい食べなくてもそう心配まだ様子見ていいですよ、って・

結局、膀胱と尿道の炎症を抑える抗生剤を1本注射して、今日の治療は終わり・・・

で・・・帰宅したとたん、アスランご飯場に直行し、「まずいカリカリ」をちょびっとだけど食べてくれたんです!!

夜帰宅してからも、おしっこは少ないけど(今は少なくても出ていればよしとしましょう、だそうな)おしっこ徘徊がない、落ち着いている、昨日と表情が見るからに違う、そしてささみくれー光線を出す。

d0255036_1372473.jpg

        ***おかん、冷蔵庫行くの?おともします~☆***

これって、新しいドクターのマジック・・・ではなくて、タイミングだと思う。昨日アスランにはちゃんとわかっていたんだ。具合が悪い時はともかく寝る。食べるより寝る。飲むより寝る・・・って。そうして、今朝にはちゃんと復活していたんだ。

私ひとりまたオロオロしちゃって、アスランのトイレ中ずっと見張ってるなんて、もしかして彼にはむっちゃ迷惑だったかもしれない(>_<)ほんと、ダメだな~と反省することしきりなのでした。

d0255036_1305381.jpg

            ***そろそろささみ?!***

新しいドクターは魔法使いではなかったけど、アスランはきっと何か感じ取ったに違いない。そして、今日はむしろ、アスランよりも私の気持ちの治療・・・となったように思います。

さあ、明日はどうなる・・・?!
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-09-03 23:50 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(6)

えらいこっちゃ・・・一喜一憂

d0255036_0592547.jpg


まんまるになって、こんこんと眠るアスラン。

色々迷った末、やっぱり今日も駆け込んでしまいました、病院。

今日は麻酔をかけて、超音波で尿道を洗い、一時預かりで点滴の処置。
出てきたおしっこには、小さなもろもろが沈殿していた。(>_<)
石にはなってないが、その手前の小さな砂の様なものらしい。

そして帰ってからは爆睡状態。しんどかったね。

ただ、アスランのおしっこ、月曜日にはかなりアルカリ性だったのが、今日は猫のおしっことしてはちょうどよいph6の状態に戻っていた。
ねこのおしっこの理想的なpは、5~6ですって。
ph7が、ちょうどアルカリと酸のバランスがとれている「中性」なんだけど、猫のおしっこはどちらかというと酸性に傾いているほうが良いらしい。

で、アスランのおしっこ管理のために、こんなもの買っちゃいました。
d0255036_185421.jpg

ph測定紙。リトマス試験紙みたいなもん?これは巻尺のような形状で、好きな長さにカットして使える優れもの。さっそくアスランのおしっこを自宅でも測ってみたら、病院と同じ6の状態(●^o^●
ストルバイトはアルカリ性に傾くと出来やすいので、このままがんばって治療食を続ければ今度こそ!?

腹括ってるつもりなんだけど、がっくりしたり、ちょっと浮上したり、忙しい一日でした042.gif
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-09-02 01:23 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(9)

えらいこっちゃ・・・一進一退

一日中、猫のおしっこのことばっかり考えている・・・008.gif

アスラン、木曜日は快方に向かったように見えたのに、昨日の金曜日は全然だめ。
1日のおしっこ量は20cc程度でした・・・(>_<)

時々トイレモードに入ると、トイレ⇒ちょびっと⇒徘徊を繰り返す。しかも、粗相などしたことのなかったアスランが、今はいろんなところでおしっこポーズをとる。よほどまずいところでない限りは、トイレットペーパーとウエットティッシュを手に見守ってます。こんな時は空振りも多いのだけど、一度排尿の様子を観察できました。ポタッ・・・ポタッ・・・と滴が垂れるような排尿。不景気なことこの上ない(@_@;)
やっぱりまだ石が残っているんだろうな~。

それ以外の時間は、ウトウト、ぐったり・・・

なかなかケロっと完治はしないものなんですね。同じ経験をした人の話でもやはり病院行ってすっきり完治、ではなかったようだ。

治療食も嫌いでいやいや食べるので、食べ物の摂取量がとても少ない。結石が治る前に栄養失調になってしまいそう・・・う~む、また駆け込み寺(病院)か・・・?

病気らしい病気をしたことがなかったアスラン、私も初めての経験でオロオロしちゃうけど、腹くくって向き合おうと思っています。(おしっこの話ばかりでごめんなさい(>_<))
 
d0255036_9443273.jpg

   ***ささみ食べな、ちから出えへん***
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-09-01 09:54 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(4)

えらいこっちゃ・・・顛末

もの言わぬアスラン。不機嫌な顔で訴えるのはただひとつ。
d0255036_14143.jpg

「おかん、なんでこんなまずいカリカリしか出さへんの?」

27日月曜日に尿路結石で入院したアスラン、水曜日に退院しました。

その後もなかなかちゃんとおしっこが出ずに、夕方病院に再度掛け込んだり、翌朝も数滴しか出なかったり、ハラハラドキドキのてんこ盛りでしたが、木曜夕方から、時々空振りするもかなり排尿がスムーズになってきた。おしっこの量を測りたくて、システムトイレのシートを外し、アスランがトイレに行くたびに尿採取に励んでいる。

木曜日は朝8時から夕方まで、仕事でいない間に15CC、その後夕方に30CC、8時過ぎにも30CC、深夜になって10CC。朝は、排尿時にあ~う~と唸っていたが(痛かったらしい)今はスムーズに出ている様子で、こころなしか表情も穏やかになってきた。ごはん置き場の前以外では・・・

今日のディナーは、ヒルズのストルバイトを溶解する「s/d」と、石の生成を抑制する「c/d」豪華2本立てよ!アスラン、ヒルズの療養食はまあまあ食べてくれる。ロイヤルカナンは見向きもしないけど。でも、こないだまでこれにいなばのネコ缶とか~、ゆでたささみとか~、たまにお刺身とか~ついてたやんか?ここんとこ、痛い思いをいっぱいしたのに、ごはんまでこれかよ??・・・不満というより、意味不明です・・・の顔がとても辛いです・・・(>_<)

おしっこの話題続きで申し訳ないが、今日ドクターから得た知識を。もしかして、もしかして、同じ病気で悩む猫飼いさんの役に立つこともあろうかと・・・\(-o-)/
ネコの正常な排尿量は、体重1キロあたり、1cc/h だそうです。アスランは6キロ弱なので、1日の理想排尿量は140CCくらい。今朝8時から深夜1時までのおしっこの量は、大体85CC。朝までにもう少しするとしても、理想の量にはとても足りそうにありません。まあ、今はまだ正常じゃないから、仕方ないね。

d0255036_1453420.jpg

がんばろうね、アスラン。 ・・・・・ささみ食べたい・・・・
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-08-31 02:06 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(5)

えらいこっちゃ

キャリーバックの中で仏頂面のアスラン。
d0255036_22492885.jpg

ぶーたれているけど、この後彼にとって本当に恐ろしい体験が待っていようとは知る由もない・・・

アスラン、尿路結石で入院しました(>_<)

日曜の深夜遅く、システムトイレのシートを替える時アスランが丸1日おしっこしていないことに気がついた。朝になってもおしっこの形跡がないので、あわてて病院へ。

エコーで診察すると膀胱はパンパンで、結石の可能性高いとの診断。

尿道にカテーテル挿入⇒生理食塩水注入⇒半ば強引に尿排出

この間、アスランの叫び声と言ったら・・・今まで聞いたことのない、断末魔ってこんなんかしら的な叫び。
看護師さんと一緒に必死で抑えている私も怖くなってきて、あと30秒続いたら、「先生!麻酔してっ」って叫んでいたかも。先生は、さすが冷静に「アスランちゃ~ん、力入れると余計痛いからね~。リラックス、リラックス」って、笑わせないで~力抜ける~(@_@;)

なんとか排出した尿は、顕微鏡で見ると細かい石の粉みたいなのが一面に・・・

膀胱内にはまだ石が残っているので、2日入院して、カテーテル入れっぱなしで膀胱内をきれいに掃除する処置となりました。水曜日に退院の予定。

夕方様子見に行くと、点滴の管とカテーテルに繋がれ、エリザベスカラーのアスランは、も・の・す・ご・く、怒っていた。それでも、早期の処置が幸いし、今回はこれで尿が綺麗になれば大丈夫だって。

ほっと安心したものの、これから療養食生活に突入なわけで・・・アスランの「くれ!くれ!」攻撃に、私は耐えられるかしら。鬼になりきれるかしら・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

そう考えると、先行きすっごく不安です。

d0255036_234346.jpg

今朝のアスラン。元気はないが、食欲はいつも通りでした。がんばろうね、アスラン。
[PR]
# by futari-to-nihiki | 2012-08-27 23:15 | ごまめ家族(猫・犬・亭主) | Comments(4)